【閲覧注意】車にはねられ、死んでしまったと思ったら…埋葬されて5日後に墓から生還した奇跡の猫

6,272 views

フロリダで交通事故に遭い死亡が確認されて埋葬されたものの、
数日後に息を吹き返して墓から這い出てきたという奇跡の猫が、
アメリカのソーシャルメディアを賑わせています。

フロリダ在住のエリス・ハトソンさんは、
ある日、飼い猫のバートが路上で大量の血を流して
倒れているのを見つけました。

車にはねられてしまったらしく、
顔にひどい傷を負っていて、体は冷たくなっていました。

バートは動物病院に搬送されたものの、
獣医によって死亡が確認されました。

飼い猫の死があまりにもショックで、
自ら埋葬できなかったというエリスさんは友人に頼み、
自宅の庭に穴を掘ってバートを埋葬してもらいました。

しかし、その5日後に隣人が自分の家の庭で
衰弱しきったバートが歩いているのを発見!

どうやら瀕死の状態で自分で土を掘り、
這い出てきたようです。

バートはすぐにエリスさんのもとに届けられました。

まるで、ゾンビのようによみがえった飼い猫の登場に
驚いたエリスさんでしたが、すぐにフロリダ州タンパベイの
動物愛護団体「ヒューマンソサエティ」の診療所に
バートを連れていきました。

その時のバートは片目がつぶれ、
空腹と脱水状態で歩く事も難しい状態。

しかし、交通事故による怪我で顔をひどく損傷していたものの
奇跡的に内臓に損傷はなく、左目の眼球を摘出して、
負傷したあごをワイヤーで固定する手術が行われました。

手術は無事に成功し、順調に回復に向かっていて、
近々飼い主のエリスさんもとに帰れるそうです。

それにしても死亡が確認されたバートが、
一体どうやって息を吹き返して墓から這い出てきたのか、
獣医も謎だと述べています。

エリスさんは “兄弟のおかげかもしれない” と語っています。

バートには兄弟がいて、いつも一緒に遊んでいたバートが
埋葬された場所を、兄弟が掘り起こした可能性があると
エリスさんは考えています。

バートは人懐っこく、撫でられるのが大好きなんだそう。

これだけの重傷を負っても、治療後にはゴロゴロと
喉を鳴らして甘えていたそうです。

早くお家に帰れるといいね^^

出典元:
http://rocketnews24.com

http://ktla.com

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑