約330年前に絶滅したはずの鳥、ドードーが中米コスタリカで発見!真偽のほどはいかに・・・?

8,788 views

ドードーは1598年にインド洋のモーリシャス島に立ち寄った
オランダ人により発見されました。

しかし、人間が持ち込んだイヌやブタ、そして船の荷物にまぎれて上陸した
ネズミもドードーの卵や雛を喰い漁りました。

そして移住民もまた食物とし、塩漬けにして貯蔵し、
寄港する船に食糧として売りました。

その結果、発見からわずか83年後、絶滅・・・

その、約330年前に絶滅したはずの鳥、ドードーが
なんとマダガスカル沖のモーリシャス島から遠く離れた
コスタリカで撮影されたとネット上で話題になっています。

問題の動画はこちら!

もしこれが本当なら、世紀の大発見ですよね!
しかし、これには一つの真実が隠されていました。
真相は、こちらの動画をご覧ください。

実はこの動画、ブラジルのNGO団体が作った、自然保護キャンペーンのCG映像!

ラスト、ドードー鳥が口にくわえたプレートには、

「だけど、この映像が本当ならよかったのに」

と書かれた絶滅種の切ないメッセージが・・・

ユニークな中にも強く訴えかけられる
自然保護の重要性が心に刺さります。

出典元:Living Dodo Captured on Video?
A verdade sobre o Dodo (The truth about Dodo)
 

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑