札幌のよさこい祭に参加したJR九州のチーム「櫻燕隊」がかなりかっこいいと話題に!

26,451 views

北海道の初夏の一大 イベント、2015年第24回YOSAKOIソーラン祭りが
6月10日(水)~14日(日)まで行われていました。

この度、そこに参加したJR九州の職員で結成された
よさこいチーム「櫻燕隊(おうえんたい)」が カッコ良すぎる!
と話題になっています。

駅員、車掌、運転手など、日頃は別々の場所で働いている職員さん達が
「よさこい」のために結成したのがこの櫻燕隊なのです。

「櫻燕隊」というチーム名は、九州新幹線の
「さくら」と「つばめ」が由来となっているそうです。

舞台で悠々となびく旗には櫻と燕の2文字が!

キレッキレで迫力ある演舞はもちろん、
ひときわ観客の視線を集めたのがその衣装。

車掌の制服をモチーフにしており、衣装の背中には大きく「JR」の文字、
帽子にも九州の「九」の文字が入っています。

これは九州男児の名に恥じない硬派なデザインですね!

あ、女性のメンバーもいらっしゃいますが、
かっこよく着こなしています!!


演舞の中にも、鉄道ならではの音楽や動き、
効果音が使われているのだそう。

これはよさこいだけでなく、鉄道ファンにとっても
たまらない魅力なのではないでしょうか?

そんな彼らの圧巻の演舞はこちら!

残念ながらこの度のイベントの動画ではありませんが、
同様の演舞で40人未満のチームを対象にしたU-40部門にて
トップの成績を収めたそうです。

これは凄い!

今後の「櫻燕隊」の活動に目が離せません(≧∇≦*)

出典元:matome.naver.jp 

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑