20年前に無くした時計が土に埋もれ、動いている状態で発見!?カシオの時計が凄いと海外で話題にw

10,127 views


6月15日にイギリスの「カシオ」のオフィシャルFacebookページが
シェアしたこの、泥まみれのカシオの時計の写真が
海外を中心に反響を呼んでいます。

この時計の持ち主は、トビー・ワグスタッフさん。

20年前に無くした時計が土の中から見つかり、
しかも動いていたという事に驚いたワグスタッフさん。

思わずカシオのFacebookページに
投稿してしまったようです。

『これは僕が6歳か7歳の時になくした時計。

・・・ということは20年経ってる。

両親が庭を改修している時に見つかった。

バックライトが光らないのと、
7分ほど時間が遅れているだけで、
それ以外はちゃんと動いているようだ。

これはモルドールで作られているのか?』

モルドールとは、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の世界で、
「絶対壊れない指輪」が作られた場所の事。

この、発見された時計は
1991年から発売されている「Casio F91W」。

Casio F91Wはカシオ計算機により製造・販売されているクオーツ駆動のデジタル腕時計。安価、堅牢さ、信頼性などが評価され、1991年に発売されてから世界中で莫大な販売量を記録している。販売価格は7.50ドルから15ドル程度である。日本国内では長らく正規販売されていなかったが、2013年10月に販売開始。希望小売価格は2900円(税別)。
ウィキペディアより抜粋 

Facebookページには・・・

「CASIOさん、彼に広告費出してあげて(笑)」

「今、このような時計が作られていないのは残念です」

「1993年に同じ時計を父に贈った。今でも使ってるよ」

などなど、7,000件以上のコメントが寄せられ、大反響!

安くて、壊れにくくて、長持ち…

日本製ってやっぱり凄い!

出典元:facebook.com 

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑