まもなく夏も本番を迎えますね。

この時期の悩みのひとつが「虫さされ」。

「虫さされ」というと蚊や蜂のイメージが強いですが、
実はこんな怖~い虫もいるんです。

しかも日本全土に広く分布しているらしいので
注意が必要です。

そいつの名前は・・・

やけど虫

正式名称は「アオバアリガタハネカクシ」という甲虫の仲間。

体長が6~7mmの小さくてとても細い虫です。

アオバ → 上翅(鞘翅)が少し青みのある黒色。

アリガタ → まさに蟻のような形。

ハネカクシ → 小さい上翅の中に大きな後翅をたたみ隠している。

といった、見た目はなかなか美しい昆虫なのですが、
美しいものには毒があるというその言葉通り、

卵、幼虫、蛹、成虫のいずれも
「ペデリン」という有害物質を体内に持っていて、
人に止まったときに払い落としたりすると、
体液が糸のように付着し、そこが数時間後に発赤し、
水疱(線状皮膚炎)になります。

この場合、体液がついてから皮膚炎が起こるまでに
時間がかかるため、この虫を見た記憶はあっても、
皮膚炎の原因がこの虫だとは気づかない場合もあるようです。

しかも、眼に入ると、様々な眼の炎症を引き起こします。

最悪失明する事も!

日本全土に分布しており、水田、畑、湿った草地を好みます。

4月~10月は灯火によく飛来し、6~8月は特に多い時期です。

では、実際その毒にやられるとどうなるのでしょうか・・・

「やけど虫」の毒によって発赤した皮膚

こんな大きな水疱ができる事も!

まさにやけどのような状態になるから
「やけど虫」と呼ばれているんですね!

ツイッターでもこの「やけど虫」の被害に遭った人が続出し、
話題になっています。