“腰痛治療のゴッドハンド”が考案!テニスボール2個で出来る腰痛ケアが凄い!

24,836 views


数多くのアスリートや著名人の腰痛治療を手がけ、
”腰痛治療のゴッドハンド”と言われている
酒井慎太郎氏(柔道整復師)が独自に完成させた治療法

「関節包内矯正」

酒井先生は、この治療法で筋肉疲労による腰痛や急性腰痛だけでなく、
椎間板ヘルニアなどの腰椎の症状、長年治らなかった慢性腰痛まで、
あらゆる腰痛を治してきたそうです。

つらい腰痛に長年苦しんできた人にとって、これは朗報ですよね!

しかし、関節包内矯正は特殊な技術を必要とする治療法なので、
受けられる施設は国内に数ヶ所しかありません。

しかも、どこも常時予約でいっぱいの状態。

酒井先生の方も、何年も先まで予約が埋まっている状態なのだそう。

でも大丈夫!

治療を受けたくても受けられない患者の為に、
酒井先生が個人でも手軽に仙腸関節のケアを行えるように
考案した矯正法があるのです!

もちろん、関節包内矯正と同等の治療効果を
得られるわけではありませんが、
定期的に行うことで仙腸関節をほぐし、
ゆるめていくことができるのだそうです。

これは早速試してみたいですよね!

やり方はすごくカンタン。

テニスボールをガムテープなどでしっかりと固定し、
テニスボールに乗っかって仰向けに寝るだけなんです!

【準備するもの】

硬式テニスボール2個、
ボールを固定するためのガムテープなど

【やり方】

①硬式テニスボールを横に2つピッタリとくっつけた状態で、
ガムテープなどでしっかりと固定します。

②仙腸関節の位置にテニスボールを当て、
ボールの上に仰向けに寝ます。

枕は使わず、フローリングや畳など、
なるべく固い床の上で行うのがポイントです!

「痛気持ちいい」ような感じがすればオッケー。

どうしても痛い時は、膝を曲げたり、
一度外して少し休むなどしてください。

③この状態でなるべく動かずに1分ほどキープしましょう。
長くても3分以内で止める事!

これを朝晩1回ずつ、多くても1日3回まで。
(やりすぎると逆に腰を悪くする恐れがあるそうです)

たったこれだけ!

簡単ですよね?

仙腸関節をケアする事で、辛い腰痛だけでなく、
美尻や美脚効果も期待されるそうなので、
ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか?

出典元:yo-tsu.org seitenno-hekireki.seesaa.net 

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑