【要注意】気持ちいいあの「コタツ寝」が実は危険行為!?最悪死に至る場合も…

13,321 views

画像引用元:wooris.jp

コタツといえば、日本人にとって冷たい冬のオアシスとも言える場所ですよね。

そんなコタツでウトウトするのも至福のひと時…

しかし、その「コタツ寝」が、実は危険行為だという事が判明したのです!

その理由とは…


なんと、血栓を引き起こし、心筋梗塞の要因になるというのです!

1、脱水症状
冬は気温が低いから汗をかかないと思っていたら大間違い!

不感蒸泄といって、人間は皮膚や呼吸器から、それとは感じずに常に水分を排出しているのです。

これは健康な人でも1日に約1リットルはあるそう。

しかも夏でも冬でも。

さらに、体温が1℃上がるごとに、15~20%増加します。

気温が上昇しても同じこと。

2、便秘
人は体から水分が足りなくなると、便から水分を補おうと働きます。

そうなると便が硬くなってしまい、排出するのが難しくなる事から便秘になりやすくなってしまいます。

冬場に便秘がちになるという方は、コタツに入っている時間がヤケに長いのではないでしょうか?

3、血栓
コタツで起きてしまった脱水症状により、実は血管からも水分が失われます。

つまり、血液の粘性が増加し、どろどろになるのです。

どろどろになった血液のなかでは、ふだん怪我をしたときなどに血を止める血小板の働きが裏目にでて、必要もないのに塊りを作ってしまいます。

これがいわゆる「血栓」

この血栓が脳に飛べば脳梗塞、心臓に飛べば心筋梗塞、肺の血管に飛べば肺塞栓症…

などなど、死に至る恐ろしい病気の原因になってしまいます。

4、不眠
体温以上に暖かいコタツに入る事で、本来の生理的なメカニズムを壊し、睡眠のリズムが狂ってしまうことに。

結果的に眠りの質を大きく損なう原因になってしまいます。




眠っている間の脱水症状は、自分では対処ができないので非常に危険です。

気を付けないと、極楽気分を味わっているうちに、本当にあの世へ行っていた…

なんてことにもなりかねません(汗)

なかなか離れられない魅惑のコタツ。

しかし、まったりくつろぐのもほどほどにしたほうが良さそうですね!

出典元:wooris.jp

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑