造園業の方(スコップ使いのプロ)から習ったというスコップの使い方を、整骨院の先生が動作分析に基づいて解説。

この投げ方だと、腹筋を活用しやすいので腰への負担がかかりにくくなるとの事。

持ち手を変えるだけなのに、こんなに違うんですね~

慣れるまでちょっと時間がかかるようですが、ひとシーズン続けるとかなり上手くスコップを使えるようになるそうです。

腰への負担を考えると、これはマスターしておきたいですね!

出典元:疲れにくい雪かきのコツ