その土地だけで行われている行事・習慣を紹介する『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』。

この番組で紹介されたある食べ物が瞬く間にツイッターで話題になりました!

それがこの岩手県盛岡市にある「福田パン」
画像引用元:youtube.com 

福田パンはコッペパンの専門店、創業は1948年。

京都でイースト菌の研究に従事していた創業者が戦後、郷里の盛岡に戻って〈福田パン〉を開業。

当時はまだ原料も簡単に手に入らない時代で、製造販売もなかなか軌道にのらなかったそうですが、転機が訪れたのは盛岡にある岩手大学の購買部での販売でした。

「大学生のために、安くて大きなパンを作ってあげたい」と作ったのが今の原型となるコッペパン。

今では毎日10,000個ものコッペパンが製造されており、市内のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでも売られている盛岡市民のソウルフードとなっています。

しかも本店ではコッペパンに挟む具材やペーストが50種類以上用意されており、好きなものを2種類まで組み合わせる事ができるという何とも夢のような体験ができるのです!
画像引用元:youtube.com 

画像引用元:youtube.com 

しかも、その一つ一つの味が何とも美味しくてまた食べたい、次はあれを試したいと思わせてしまうほどのクオリティなんだとか。