セルフィーが奪った赤ちゃんイルカの命…ビーチで撮影された1枚の写真が話題に

14,896 views

世界中で大きな議論を呼んでいるこちらの写真。
画像引用元:YouTube 

2月17日にネット上で公開されたというこの写真に写っているのは生まれたばかりと思われる大きさのイルカの赤ちゃんと、その赤ちゃんに群がる群衆。

その多くの人々が手にしているのはスマートフォン。

このイルカの赤ちゃんは、アルゼンチンのビーチに迷い込んだところを海水浴客に発見されました。

その場にいた多くの海水浴客達がイルカの赤ちゃんと自撮りしようと群がり、長時間にわたり陸上、そして人の腕の中を行き交った結果…


このセルフィー(自撮り)責めが原因で死んでしまった赤ちゃんイルカの遺体が同ビーチで発見されました。

イルカの身体は海水の低温から身を守るため、表面を保護する滑りのある肌の内側には厚い脂肪が備えられています。

一旦陸上にあがったり、人の体温に長時間触れる事により表面は火傷し、内部の脂肪温度は急上昇、そして脱水症状を起こしてしまうのです。

スマートフォンの普及で私たちは気軽に”セルフィ(自撮り)”を楽しめるようになりました。

その対象は可愛い動物だったり、珍しい場所や物、あるいは芸能人なんて事も。

しかし、時にはその楽しみによって奪われる命があるということを、私たちは知っておかなければいけませんね。

出典元:Baby Dolphin Dies After People Pass It Around for Selfies in Argentina

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑